【2019年版】試合で勝てるサーブの出し方【卓球】

村田雄平
卓球は奥が深い。研究すればキリがない。より深いところへ、やり方は千差万別、そんな奥深い卓球というスポーツを、とことん研究していこう。
それが『Muraji Lab.
今回は明治大学の後輩で、自他共に認める卓球オタクでもある岡田崚選手に来てもらいました。サーブの奥深さを話しながら、基礎から応用編まで研究、解説していきます。

先日行われた、令和初の全日本社会人選手権でベスト8に入賞した岡田崚選手とのコラボによる動画が公開!

「え!?こんなに重要なことを、動画でわかりやすく、包み隠さず話しちゃっていいの!?」

平成では、YGサーブ、バックサーブ、巻き込みサーブなど、いろんなサーブが流行り廃りしました。

そして令和の時代。

試合で勝てるサーブはこれ!

基本的なサーブの出し方、ラケットの出し方から、相手をだますフェイクモーションのコツまで、すべて網羅!

サーブの種類も、下回転、上回転、横回転、ナックルと、試合で必要な種類はすべて解説!

新時代のサーブをマスターして、相手に差をつけよう!

村田雄平のTwitter 岡田崚選手のTwitter

【#1】サーブをする上で必ず知っておくべきポイント

#1の内容

①このシリーズについて(0:30~)
②岡田崚選手が普段の試合で使用してるサーブの紹介(1:45~)
③良いサーブの定義とは?(6:14~)
④良いサーブをする上で大切なこと(7:39~)

ココがポイント

★サーブの「回転」は手で生み出す
★サーブの「長さ」と「方向」は体重移動でコントロールする
★サーブの「低さ」は自分の体勢を低くする

【#2】○○は使わない!下回転サーブの切り方

#2の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②サーブで下回転をかける時の"手"の使い方(0:59~)

ココがポイント

★サーブで下回転をかけるときは手首は使わない
★ラケットの位置は手首よりも後ろにして、その位置でボールをとらえる
★ボールに体重を乗せるために、腕は反時計回りにまわす

【#3】○○○が大事!下回転サーブの飛ばし方

#3の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②下回転サーブの飛ばし方(0:43~)
③下回転サーブはラケットのどこで切るのか(5:21~)

ココがポイント

★サーブの長い・短いに関わらず、第1バウンドは自分に近い位置にする
★サーブを出す時、ボールをとらえるラケットの面は4分割して考える
★サーブを切る時は、ラケットの面の中でもグリップに近い根元側で、ボールをとらえる

【#4】ナックルサーブのコツ

#4の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②ナックルサーブの出し方(1:39~)
③トスの重要性について(5:35~)
④トスを上げる時のコツ(6:44~)
⑤ナックルサーブはどういうときに使用するのか(7:41~)

ココがポイント

★ナックルサーブのフォームは下回転サーブのフォームと同じ
★ナックルサーブは、ラケットの面の中でも先端右側でボールをとらえる
★トスでボールを落とす位置を微調整する

【#5】わかりずらい順横回転サーブのコツ

#5の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②順横回転サーブの切り方(当て方)の種類(0:49~)
③岡田崚選手おすすめの順横回転サーブ(2:46~)

ココがポイント

★順横回転サーブも、下回転サーブと同様にラケットの位置は手首より後ろにする
★順横回転サーブも、下回転サーブと同様にラケット4分割理論をそのまま活用できる
★順横回転サーブを出す時は、ラケットの面を相手に向けたままを意識する

【#6】順横下回転サーブと上回転サーブのモーションのコツ

#6の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②順横下回転サーブの出し方(0:54~)
③順横下回転サーブのフォロースルー(フェイクモーション)(2:14~)
④上回転サーブの出し方(8:26~)

ココがポイント

★横下回転サーブは、ラケット4分割理論の先端側にボールを当てる
★上回転サーブは、ラケット4分割理論の根元自分側にボールを当てる
★フォロースルーは、打球後に肘を上げて、その後ラケットを下げる

【#7】サーブのバウンド数を考えることの重要性

#7の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②サーブのバウンド数について考える(0:57~)
③サーブのバウンド数を実践する(4:53~)

ココがポイント

★自分が思った通りのバウンド数でサーブが出せるようにする

【#8】アップサーブの出し方

#8の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②真上回転サーブの実演(1:02~)
③真上回転サーブの出し方(2:07~)

ココがポイント

★真上回転サーブを出す時、ラケットはボールの下を一度通過する
★ボールの下を一度通過した後、ラケットを後ろに戻す時に打球する
★サーブを出した後、レシーブは最悪の事態を想定して準備する

【#番外編】フリックとチキータで気をつけること

#番外編の内容

①今回教わる内容について(0:30~)
②フリックの実演(1:00~)
③フリックをするときに大切なポイント(2:18~)
④チキータの実演(7:20~)
⑤チキータをするときに大切なポイント(7:53~)

ココがポイント

★フリックの時、手はネットを超える角度を作るだけ
★フリックの威力と方向は、素早い体重移動でコントロールする
★チキータは、ラケットを引くときに意図的に手首を入れない

「実際に教わりたい!」という方は?

村田雄平
「動画を見てもいまいちよくわからない」「もっと詳細なところまで教えてほしい」「他の技術も教わりたい」という方は、ぜひレッスンへお越しください。
レッスンは、プライベートレッスンとグループレッスンの2種類を用意しております。
みなさまのご予約をお待ちしております。

プライベートレッスン

マンツーマンによるプライベートレッスン。
村田雄平コーチがあなたに最適な練習を行います。
複数人で受けることも可能。
卓球レッスンのプロにすべてお任せください。
★料金:7,000円(60分)

グループレッスン

最大6名によるグループレッスン。
トップ選手と会話し、一緒にプレーをしながら、それぞれの卓球理論を見聞きしてきた村田雄平コーチが、お越しいただいたお客様へ惜しみなく伝える教室です。
★料金:3,000円(90分・1ドリンク付き)

ココがポイント

●「喜び」「ココロの解放」をテーマに、卓球というスポーツを通じて、みなさまの人生がより豊かなものになるようにお手伝します。
●卓球経験者も未経験者も、お越しいただいた際には日常を忘れて楽しい時間を過ごしていただけるよう、心を込めてお迎えします。
●年齢、性別、筋力によって、ひとそれぞれカラダの動かし方は異なります。 あなたにとって最良の動き方やスイング、プレーが出来るようお手伝いします。
●7年間の指導、そしてトップ選手と交流することで得た知見を、みなさまにお伝えします。

ココが注意

●室内シューズと運動可能な服装の用意をお願いします。
●レッスンは卓球カフェバー「HuBase(ユーベース)」(アクセス)で行われます。
●グループレッスンは、レッスン実施時に1名のみの場合、時間を90分→60分に変更する場合がございます。

レッスンを予約する

出張講習会も実施中

村田雄平
「レッスンを受けたいけど、東京にあるHuBaseには遠くて行けない……」という方、ご安心ください。
団体様向けがメインとなりますが、北は北海道から南は鹿児島まで、出張講習会も行っております。
ご希望の方は、下記連絡先までご連絡をお願い致します。

お問い合わせ先

-むらじの研究室, サーブ, フリック, チキータ
-

Copyright© Lili Media Contents Room , 2019 All Rights Reserved.